華やかさならキャバクラ

Girl has beautiful eyes

キャバクラやガールズバー、メイドカフェというのはどれも男性を相手とした接客業という点、更には高時給という点で共通しています。
この3つは自分がどんな働き方をしたいかで選ぶのが良いでしょう。
まず、夜の蝶として、きらびやかなドレスを来て、とにかく稼いで華やかな世界で暮らしたい!というのであれば断然キャバクラがおすすめです。
キャバクラにも色々種類があり、大阪のミナミや東京の新宿であればいわゆる高級キャバクラと呼ばれる会員制のキャバクラなんかもあるので、
そちらを目指してみても良いかもしれません。
会員制のキャバクラというのはそれだけお客さんの質が良いので働きやすさは間違いありません。
しかしその分失敗などは笑って許されるわけではないので、辛い思いも沢山すると思います。
それでも、そこで身に付く接客のスキルなどは一流のものなので、もちろんキャバクラなどのナイトワーク以外の職についたとしてもきっと自分の身を助けることでしょう。
一方で、上野などのキャバクラはアットホームなので、いきなり高級店は不安だ、という人はそこから初めてみても良いかもしれませんね。
またキャバクラの中でも昼キャバというものがあります。
学生や主婦がお小遣い稼ぎのために働いていて、私服勤務が認められていたりするお店もあるので普通のキャバクラよりもまったりと働けます。
まずはキャバクラで働くことに慣れたい、という人はまず昼キャバから初めてみるのも良いと思います。